名称  礫石経 (れきせききょう)
出土遺跡  角庵U遺跡 (かくあんにいせき)
所在地  掛川市寺島
時代  江戸時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  掛川市寺島に所在する遺跡から発見された。河原石等の表面に経文を書いたもので、一つの石に一文字書かれた事例が多いことから、「一字一石経」とも呼ばれている。この遺跡では隅丸長方形の土坑の内部から発見された。経石約400個のうち、墨書を確認できたものは331点である。分析の結果、『妙法蓮華経』等が書写されて埋納されたもので、追善供養に伴い経塚として造営された可能性が高い。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財センター調査報告 第5集 『角庵T遺跡・角庵U遺跡』 2012

静岡県埋蔵文化財センター