名称  泥面子 (どろめんこ)
出土遺跡  大平遺跡 (おおだいらいせき)
所在地  駿東郡長泉町南一色
時代  近世(江戸時代)
法量  長さ:2.4cm 幅:2.1cm 厚さ:0.7cm
指定の有無(指定年月日)
概要  平安時代の貴族階級で流行した銭を投げて遊ぶ「意銭」(ぜにうち)が、江戸時代に「穴一」と呼ばれる遊戯になり、銭の代わりに粘土を焼いて作った物が泥面子である。泥面子には、「面模(めんがた)」、「芥子面」、「面打」の3種類に分類されるが、この資料は人物の顔をモチーフとしたもので「芥子面」と呼ばれるタイプである。大きく見開いた目、やや下唇を出したへの字の口。小さな面の中に豊かな表情が表現されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第98集 『大平遺跡』 1998

静岡県埋蔵文化財センター