名称  一分金 (いちぶきん)
出土遺跡  仁田館遺跡 (にったやかたいせき)
所在地  田方郡函南町仁田ほか
時代  近世(江戸時代)
法量  長さ:1.7cm 幅:1.1cm
指定の有無(指定年月日)
概要  江戸時代の金貨で、本来の名称は「一分判」である。仁田館跡遺跡の中世〜明治時代にかけての遺物包含層であるU層から出土した。表面には上部に扇枠に五三の桐紋、中央部に「一分」の文字、下部には五三の桐紋が刻印されている。裏面は鋳造を請負っていた初代後藤庄三郎の「光次」の署名と花押が刻印されている。額面は1分、1両(小判金)の1/4にあたり、4朱に相当する。慶長から万延までに10種類鋳造されたが、幕府の財政状況や市場の経済事情により、時代ごとに品位や量目が改定されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第156集 『 来光川遺跡群T』 2005

静岡県埋蔵文化財センター