名称  青白磁・水注 (せいはくじ・すいちゅう)
出土遺跡  原川遺跡 (はらがわいせき)
所在地  掛川市領家
時代  鎌倉時代
法量  口径2.23cm 底部径5.5cm 器高7.5cm
指定の有無(指定年月日)
概要  中国から輸入された青白磁の水注である。鎌倉時代頃にさかのぼる製品とみられるが、出土したのは戦国時代頃の遺構で、骨董品として当時の人々に珍重されていた可能性がある。
 胴部に型押しの連弁文を施し、注口は鶴首状に緩やかに湾曲する非常に美しい形である。全体に青白色の釉薬がかけられた優品で、大変高価なものであったと考えられる。遺跡周辺に住んでいた有力者が持っていたのだろう。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第24集 『原川遺跡V』 1990

静岡県埋蔵文化財センター