名称  軒丸瓦 (のきまるがわら)
出土遺跡  篠場瓦窯跡 (しのんばがようあと)
所在地  浜松市浜北区根堅
時代  奈良時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  篠場瓦窯跡で出土した軒丸瓦である。川原寺式軒丸瓦は、周縁部が素文の傾斜縁で、蓮子配置は1+5+9である。その文様構成や製作技法から、遠江地域に分布する川原寺式軒丸瓦の祖型に位置づけられる。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財センター調査報告 第27集 『篠場瓦窯跡・上海土遺跡』 2013

静岡県埋蔵文化財センター