名称  浄瓶 (じょうへい・じょうびょう)
出土遺跡  キョウダイヤト遺跡 (きょうだいやといせき)
所在地  静岡市葵区内牧
時代  奈良末〜平安時代初頭
法量  器高:23.4cm 最大径:13.0cm
指定の有無(指定年月日)
概要  静岡市葵区内牧に所在するキョウダイヤト遺跡から出土した。浄瓶は、本来、肩部の添水口から水をいれ、頂部にあった尖台(この資料は欠損)から水を少しづつ飲むような構造の水筒であった。この形は砂漠のような乾燥地帯における水筒の形を模したもので、敦煌にも僧の水筒として描かれた壁画がある。時代が下り、仏像に水を奉げる供養具にもなった。当該資料は灰釉陶器製である。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財センター調査報告 第13集 『内牧城跡・城山古墳・キョウダイヤト遺跡』 2012

静岡県埋蔵文化財センター