名称  馬形土製品 (うまがたどせいひん)
出土遺跡  恒武西浦遺跡 (つねたけにしうらいせき)
所在地  浜松市東区恒武町
時代  奈良時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  浜松市東区恒武町に所在する恒武西浦遺跡で出土。人面墨書土器が出土した同じ流路跡から出土。須恵質・土師質の馬形土製品がある。一見して馬にはとても見えない造形であるが、口から手綱と思しき沈線、また鞍を表現したと思われるものなどがある。この土製品は形代として機能したと考えられ、諸説あるが雨乞いの儀式に使用されたとも推定されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第120集 『恒武西宮・西浦遺跡』 2000

静岡県埋蔵文化財センター