名称  動物形土製品 (どうぶつがたどせいひん)
出土遺跡  元宮川神明原遺跡 (もとみやがわしんめいばらいせき)
所在地  静岡市駿河区宮川ほか
時代  古墳時代後期〜平安時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  元宮川神明原遺跡からは210点の動物形土製品が出土した。多くが水と関連のある祭祀に関わるものと思われる。大半が背部に鞍をもち、馬であることが明確なものである。写真中央やや右寄りの一体(首を下に向けているもの)は、その形状から、牛を模した可能性が強い。また、犬を模した可能性のあるものが含まれている。都城とその周辺で多く出土する「大和型土馬」に類似した形状をしているものもある。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第13集 『大谷川V(遺物編)』 1988

静岡県埋蔵文化財センター