名称  絵馬 (えま)
出土遺跡  元宮川神明原遺跡 (もとみやがわしんめいばらいせき)
所在地  静岡市駿河区宮川ほか
時代  平安時代〜鎌倉時代
法量  長さ10.8cm 幅4.6cm 厚さ0.3cm
指定の有無(指定年月日)
概要  静岡市駿河区に所在する元宮川神明原遺跡で出土。旧河道からの出土で、多くの灰釉陶器・山茶碗と共に出土した。絵馬は薄い板を加工したもので、上部を弧形に整形し、上部中央に穿孔が認められる。下部は直角に仕上げている。表面には馬を引く人物が描かれている。馬には鬣(たてがみ)や尾が描きこまれている。馬を手綱で引く人物は眉毛・目・鼻・口が描かれているが、衣装や髪形が描かれていない。馬の右側及び裏面に墨書が認められるが、その文意は判然としない。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第11集 『大谷川U(遺構編)』 1987
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第13集 『大谷川V(遺物編)』 1988

静岡県埋蔵文化財センター