名称  分銅 (ふんどう)
出土遺跡  原川遺跡 (はらがわいせき)
所在地  掛川市領家
時代  奈良〜平安時代?
法量  最大径2.1cm 高さ2.1cm 重さ31.1g
指定の有無(指定年月日)
概要  小穴から出土した分銅である。上部には2条の沈線がめぐらされ、胴部の中位から下位にかけて28本の溝が切られている。底部は円形で径1cmである。頂部には鐙がとりつけられ、円形の孔があけられている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第24集 『原川遺跡V』 1990

静岡県埋蔵文化財センター