名称  獣足付短頸壺 (じゅうそくつきたんけいこ)
出土遺跡  井通遺跡 (いどおりいせき)
所在地  浜松市北区細江町広岡
時代  奈良時代
法量  口径11.2cm 器高22.7cm
指定の有無(指定年月日)
概要  大溝から出土した。短頸壺に獣脚を3個体付している。獣脚はやや長脚化しており、端部は5本指になるように切り込みが施されている。短頸壺本体は広い底部をもつ丸底であり、肩部中位に沈線が2条施されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第174集 『井通遺跡』 2007

静岡県埋蔵文化財センター