名称  移動式竈 (いどうしきかまど)
出土遺跡  井通遺跡 (いどおりいせき)
所在地  浜松市北区細江町広岡
時代  奈良時代
法量  口径23.2cm 器高41.0cm
指定の有無(指定年月日)
概要  溝跡から出土した移動式竈である。裾部と庇・掛け口を含む体部上半が遺存し、形状としてはドーム形を呈する。庇は焚き口上端から直立気味の庇を付す付け庇であり、焚き口上辺のみに貼付したものと推定される。明確な被熱や煤の付着等、恒常的に使用された痕跡がなく、祭祀に使用されたものと推測される。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第174集 『井通遺跡』 2007

静岡県埋蔵文化財センター