名称  大足 (おおあし)
出土遺跡  曲金北遺跡 (まがりかねきたいせき)
所在地  静岡市駿河区曲金ほか
時代  古墳時代中期
法量  長さ:77.0cm 幅:55.4cm 厚さ:6.6cm
指定の有無(指定年月日)
概要  大足は水田の代作りの際に、緑肥(りょくひ)を踏み込む時に細かくしたり、土塊を細かく砕いたりするために使われたものである。水田跡から出土した大足は、足板が欠落している以外は完全な形で出土した好資料である。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第92集 『曲金北遺跡(遺物・考察編)』 1997

静岡県埋蔵文化財センター