名称  宇藤蓮台1号墳出土遺物 (うとうれんだい1ごうふんしゅつどいぶつ)
出土遺跡  宇藤蓮台1号墳 (うとうれんだい1ごうふん)
所在地  周智郡森町
時代  古墳時代中期
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  宇藤蓮台1号墳は南北約17.3m、墳丘の残存高は約1.3mの平面円形(楕円形)を呈すると古墳である。北部の周溝からは、多くの土器と石製紡錘車が出土した。西寄りでは土師器高坏 、中央付近では西から須恵器甕 ・土師器壷 ・土師器高坏4点 ・土師器有段高杯 ・須恵器樽形?? が並んで出土している。その南側の墳丘斜面上からは石製紡錘車 が出土している。須恵器甕以外は、全て底面より0.1〜0.2m 高い同一面で出土しており、多くが横位や逆位の状態で検出された。また、南部の周溝からは石製紡錘車が出土している。北部周溝の遺物群と同様に、底面から0.2m程高い場所で検出されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第186集 『森町円田丘陵の古墳群』 2008

静岡県埋蔵文化財センター