名称  土師器・壺 (はじき・つぼ)
出土遺跡  北神馬土手遺跡 (きたじんめどていせき)
所在地  沼津市足高尾上
時代  古墳時代前期
法量  器高67.0cm 口径31.0cm 胴部最大径51.2cm
指定の有無(指定年月日)
概要  駿河地域の「大廓(おおぐるわ)式土器」の指標となる大型の壷である。口唇部内面に粘土帯を貼り付けた複合口縁を有し、胎土に白色粒子が多く含まれている。大廓式土器は東北地方南部から近畿地方の遺跡でも出土しており、各地の土器編年の並行関係を検討する上での指標、また、当時の地域間交流を知る資料として注目されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第89集 『北神馬土手遺跡他U』 1997

静岡県埋蔵文化財センター