名称  鹿角製剣 (ろっかくせいけん)
出土遺跡  中手乱遺跡 (なかてみだれいせき)
所在地  三島市中
時代  弥生時代中期前葉
法量  全長:25.4cm 最大径:1.8cm
指定の有無(指定年月日)
概要  鹿角製棒状短剣と呼ばれるものである。シカの角幹部最先端を利用した加工品である。基端部付近に、隆帯を削り出して整形している。先端部を下方にして壷の中に納められた状態で出土している。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第104集 『御殿川流域遺跡群 IV』 1998

静岡県埋蔵文化財センター