名称  鉄斧 (てっぷ)
出土遺跡  川合遺跡 (かわいいせき)
所在地  静岡市葵区川合
時代  弥生時代後期〜古墳時代前期
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  板状鉄斧は弥生時代後期から古墳時代前期の包含層より出土している。鉄斧は片刃と両刃の二者がある。片刃の鉄斧は10cm以下と小型のものが多く、加工斧として、両刃の鉄斧は縦斧(たておの)として使われたものと考えられる。静岡平野に鉄が導入されたことを伝える貴重な資料である。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第36集 『川合遺跡 遺物編2 本文編』 1992

静岡県埋蔵文化財センター