名称  筑状弦楽器 (ちくじょうげんがっき)
出土遺跡  角江遺跡 (かくえいせき)
所在地  浜松市西区入野町
時代  弥生時代後期
法量  長さ:56.4cm 幅:5.0cm 厚さ:2.6cm
指定の有無(指定年月日)
概要  集落近くの自然流路から出土した弦楽器である。中国の古代楽器「筑(ちく)」に形状が似ていることから筑状弦楽器と呼ばれる。4つの突起から集弦孔(しゅうげんこう)へと弦を張る。弦は出土例が無く、素材は解っていない。国内で出土した筑状弦楽器のなかでは古い時期のものである。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第69集 『角江遺跡U(遺物編2)』1996

静岡県埋蔵文化財センター