名称  臼 (うす)
出土遺跡  角江遺跡 (かくえいせき)
所在地  浜松市西区入野町
時代  弥生時代中期
法量  直径:61.1cm 高さ:54.4cm
指定の有無(指定年月日)
概要  集落に近い川跡から出土した、ほぼ完全な形を残している臼である。クスノキの丸太から削り込んで作られており、側面には楕円形の透かしが6箇所入っている優品である。透かしは装飾のほかに軽量化する目的もあったと思われる。現在、東京国立博物館に展示されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第69集 『角江遺跡U(遺物編2)』1996

静岡県埋蔵文化財センター