名称  曲柄二又鍬 (まがりえふたまたぐわ)
出土遺跡  瀬名遺跡 (せないせき)
所在地  静岡市葵区瀬名
時代  弥生時代後期
法量  全長:54.8cm 肩身最大幅:8.5cm 厚さ:0.5cm
指定の有無(指定年月日)
概要  曲柄に装着して、田んぼを起こすために使われた鍬である。静岡平野では弥生時代後期の水田跡から出土する。エビ・カニの挟みのように大きな二又になっている形が特徴。曲柄はサカキ材が使われているのに対し、鍬身は固いカシの木で作られている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第47集 『瀬名遺跡V 遺物編T』 1994

静岡県埋蔵文化財センター