名称  磨製石鏃 (ませいせきぞく)
出土遺跡  角江遺跡 (かくえいせき)
所在地  浜松市西区入野町
時代  弥生時代中期〜後期
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  磨製石鏃は弥生時代に新たに出現する石器で、関東地方の西半部、中部高地、東海地方、北陸地方、近畿地方で出土している。写真の磨製石鏃は粘板岩製で、非常に薄く、全体を丁寧に研磨して作られている。無茎で中央に小さな孔があるものと、有茎のものとに分類され、中には基部に軸の装着痕が観察できるものも見られる。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第69集 『角江遺跡 遺物編3』 1996

静岡県埋蔵文化財センター