名称  磨製石斧 (ませいせきふ)
出土遺跡  川合遺跡 (かわいいせき)
所在地  静岡市葵区川合
時代  弥生時代中期後半
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  大型から小型の扁平片刃石斧で、太型蛤刃石斧や柱状片刃石斧とともに大陸系磨製石斧と呼ばれる。稲作に使う木製農耕土木具(鍬・鋤)などの木製品を加工・制作するための工具である。曲柄(まがりえ)に装着して、板の面を平滑にする手斧(ちょうな)として使われていた。材質は輝緑凝灰岩(きりょくぎょうかいがん)で、安倍川の中流域から採取してきたことがわかっている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第32集 『川合遺跡 遺物編2 図版編』 1991
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第36集 『川合遺跡 遺物編2 本文編』 1992

静岡県埋蔵文化財センター