名称  弥生土器・壷 (やよいどき・つぼ)
出土遺跡  中手乱遺跡 (なかてみだれいせき)
所在地  三島市中
時代  弥生時代中期中葉
法量  口径:8.1cm 最大径:19.4cm 底径:7.4cm 器高:31.8cm
指定の有無(指定年月日)
概要  胴部下半の一部を欠損する以外はほぼ完形の長頚壷(ちょうけいこ)である。口縁部外面及び胴部上半には、横位のヘラ描文で区画した縄文の文様帯を施し、頚部にはヘラ描羽状文を、胴部上半には刺突で充填した大小のヘラ描円形文をちりばめている。胴部下半は、条痕と呼ばれる粗い調整によって整え、底部付近にケズリ状の調整を施している。底面には網代痕が残る。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第104集 『御殿川流域遺跡群 IV』 1998

静岡県埋蔵文化財センター