名称  弥生土器・壷 (やよいどき・つぼ)
出土遺跡  中手乱遺跡 (なかてみだれいせき)
所在地  三島市中
時代  弥生時代中期前葉
法量  口径:12.6cm 最大径:25.3cm 底径:8.2cm 器高:36.0cm
指定の有無(指定年月日)
概要  やや肩が張る長胴の形態で、表面を条痕と呼ばれる粗い調整を施す壷である。口縁部は、わずかに外反し、口唇部にはやや間延びしたヘラ状工具による刻みを加えている。頚部を縦、肩部を横、肩部以下を右下がりの条痕によって調整し、底部付近に横位のケズリ調整を加えている。出土した際、土器内に鹿角製剣が収納されていた。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第104集 『御殿川流域遺跡群 IV』 1998

静岡県埋蔵文化財センター