名称  石棒 (せきぼう)
出土遺跡  押出シ遺跡 (おんだしいせき)
所在地  三島市谷田
時代  縄文時代
法量  最大径:17.0cm 残存長:23.9cm 重量:7kg
指定の有無(指定年月日)
概要  押出シ遺跡は、三島市谷田の箱根山西麓の尾根上に立地する、縄文時代中期の集落遺跡である。
 使用している石材はデイサイトで、柱状節理による角礫素材の形状を利用し、敲打(こうだ)により仕上げている有頭の石棒である。頭部側面には波状に1条の沈線が施されている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第111集 『押出シ遺跡(遺構編)』 1999
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第119集 『押出シ遺跡(遺物編)』 2000

静岡県埋蔵文化財センター