名称  岩偶 (がんぐう)
出土遺跡  桜畑上遺跡 (さくらばたけうえいせき)
所在地  駿東郡長泉町上長窪
時代  縄文時代中期中葉
法量  高さ:13.0cm 幅:10.8cm 厚さ:5.6cm 重量:114.5g
指定の有無(指定年月日)
概要  竪穴住居跡から井戸尻式土器とともに出土した。軽石製で、二等辺三角形の形状を呈し、底面中央がわずかに抉れ、表面には線刻が施されている。軽石製の岩偶は中部高地周辺でも出土例が見られるが、出土量は少なく、非常に珍しいものである。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第245集 『桜畑上遺跡U』 2011

静岡県埋蔵文化財センター