名称  異形部分磨製石斧(いけいきょくぶませいせきふ)
出土遺跡  桜畑上遺跡 (さくらばたけうえいせき)
所在地  駿東郡長泉町上長窪
時代  縄文時代早期
法量  長さ:5.27cm 幅:2.78cm 厚さ:1.16cm 重量:23.2g
指定の有無(指定年月日)
概要  桜畑上遺跡は、愛鷹山麓に立地する縄文時代から近世にかけての複合遺跡である。
 この石器は縄文時代早期、押型文土器に伴ってに出土する。石鏃に似た形態であるが、具体的な用途は不明である。チャート製で押圧薄利を前面に施した後、表裏面の中央と先端部を中心に側面まで磨きが施されている。
 別名トロトロ石器。最初に発見された地域で摩滅したことを「トロい」ということから名付けられたと言われている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第245集 『桜畑上遺跡U』 2011

静岡県埋蔵文化財センター