名称  大型石鏃 (おおがたせきぞく)
出土遺跡  桜畑上遺跡 (さくらばたけうえいせき)
所在地  駿東郡長泉町上長窪
時代  縄文時代早期
法量  長さ:8.1cm 幅:4.55cm 厚さ:0.93cm 重量:23.2g
指定の有無(指定年月日)
概要  桜畑上遺跡は、駿東郡長泉町上長窪に所在し、愛鷹山麓に立地する縄文時代から近世にかけての複合遺跡である。
 この石器の形状は通常の石鏃と同様であるが、その大きさや重量から鏃として使用した可能性は低く、何らかの威信財として用いられたと考えられる。神津島恩馳島(おんばせじま)産の黒曜石を使用している。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第245集 『桜畑上遺跡U』 2011

静岡県埋蔵文化財センター