名称  縄文土器・深鉢 (じょうもんどき・ふかばち)
出土遺跡  中手乱遺跡 (なかてみだれいせき)
所在地  三島市中
時代  縄文時代晩期
法量  口径:19.6cm 底径:6.3cm 器高:20.7cm
指定の有無(指定年月日)
概要  胴部の屈折点から緩やかに外反する深鉢。口縁部には1条の隆帯を有し、これに対応して内面に凹線を施している。胴部屈折点の外面に沈線間を7箇所押圧して区画を行っている。外面にはススが付着。御殿場市関屋塚(せきやづか)遺跡で類似の製品が出土している。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第104集 『御殿川流域遺跡群IV』 1998

静岡県埋蔵文化財センター