名称  縄文土器・深鉢 (じょうもんどき・ふかばち)
出土遺跡  桜畑上遺跡 (さくらばたけうえいせき)
所在地  駿東郡長泉町上長窪
時代  縄文時代後期前葉
法量  口径:22.3cm 底部径:14.5cm(何れも推定値)
指定の有無(指定年月日)
概要  朝顔状に開く器形の、やや小型の土器。平縁であるが一部わずかに凹んだ箇所がある。口縁下に1条の隆線を貼付ける。胴部には、上下を沈線で画する磨消縄文帯を、無文帯を挟んで2帯重ねる。口縁内面には1条の沈線を一周させるが、口縁の凹み部の裏面は両側に刺突を施す。その刺突の外側では、沈線は長楕円状のモチーフになる。底部には網代痕が見られる。堀之内U式の新しい段階に比定される。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第138集 『大岡元長窪線関連遺跡T』 2003

静岡県埋蔵文化財センター