名称  桜畑上遺跡出土縄文土器 (さくらばたけうえいせきしゅつどじょうもんどき)
出土遺跡  桜畑上遺跡 (さくらばたけうえいせき)
所在地  駿東郡長泉町上長窪
時代  縄文時代中期前葉
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  本遺跡からは勝坂式の井戸尻式段階の環状集落が検出されている。写真の土器は、竪穴住居、土坑、小穴出土のもののほかに、遺構外出土の土器のうち、同じ時期に属する主なものをまとめた。土器は何れも井戸尻式段階のもので、その中頃のものが大半を占めると思われる。最前部の顔面把手は顔が土器の外側を向いており、内側を向くものが大半を占める顔面把手の中で、珍しい例と言える。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第245集 『桜畑上遺跡U』 2011

静岡県埋蔵文化財センター