名称  縄文土器・深鉢 (じょうもんどき・ふかばち)
出土遺跡  押出シ遺跡 (おんだしいせき)
所在地  三島市谷田
時代  縄文時代中期後葉
法量  口径:約23cm(把手部を除く、推定)
指定の有無(指定年月日)
概要  一対の大型の把手を有する。把手部は楕円等をモチーフとした粘土紐を全面に貼付け、楕円形の孔をもつ中空の、いわゆる水煙把手である。この水煙状のモチーフは頸部文様帯に連続する。口縁部は無文で朝顔状に開く。胴部は筒形を呈し、頸部の隆線の上から、U字状のモチーフを、刻みのある二本単位の隆帯で作り出している。最後に単沈線による条線を地文として施文する。水煙文については、東北地方からの影響を考える説もある。曽利T式である。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第119集 『押出シ遺跡(遺物編)』 2000

静岡県埋蔵文化財センター