名称  台形様石器 (だいけいようせっき)
出土遺跡  梅ノ木沢遺跡 (うめのきざわいせき)
所在地  駿東郡長泉町東野
時代  旧石器時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  梅ノ木沢遺跡第Y黒色帯から出土した石器群で、同遺跡第U文化層に位置づけられる。台形様石器は方形、台形、逆二等辺三角形の形状に平刃あるいは緩やかな斜刃が付けられた石器で、柄に取り付けられ刺突具として使用され、狩猟に用いられたと考えられている。石材は箱根畑宿系、天城系、和田系の黒曜石が用いられている。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第206集 『梅ノ木沢遺跡U』 2009

静岡県埋蔵文化財センター