名称  斧形石器 (おのがたせっき)
出土遺跡  梅ノ木沢遺跡 (うめのきざわいせき)
所在地  駿東郡長泉町東野
時代  旧石器時代
法量
指定の有無(指定年月日)  県指定文化財 令和元年11月22日指定
 「梅ノ木沢遺跡出土斧形石器8点」
概要  梅ノ木沢遺跡は愛鷹山の南側山麓、標高170m付近の丘陵上に所在する。8点の斧形石器は、新東名高速道路建設に伴う平成13年度の調査で地表下5.5mの第X黒色帯〜第W黒色帯と呼ばれる約3万年前の旧石器時代の地層から出土した。
 8点の斧形石器の表面には、部分的に一定方向に細かい線状の擦痕が見られる。これは縄文時代以降の磨製石器に見られる研磨痕と同様の痕跡で、刃部以外の部分にも認められることから、使用による摩滅ではなく、石器製作の際の研磨痕と判断できる。緑色凝灰岩若しくは凝灰岩製で、石の目に沿って剥離した板状の素材を用いている点、故意に破壊している点等の共通点がある。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第206集 『梅ノ木沢遺跡U』 2009

静岡県埋蔵文化財センター