名称  斧形石器・剥片 (おのがたせっき・はくへん)
出土遺跡  梅ノ木沢遺跡 (うめのきざわいせき)
所在地  駿東郡長泉町東野
時代  旧石器時代
法量
指定の有無(指定年月日)
概要  梅ノ木沢遺跡第Z黒色帯から出土した石器群で、同遺跡第T文化層に位置づけられる。斧形石器は緑色凝灰岩製で、やや扁平な円柱状を呈し、下半部を欠いている。半円形に分割した礫を使用し、一部原礫面を残すが、他は剥離により全体を棒状に整形する特異な加工法が取られている。7点の剥片は全てガラス質安山岩製である。この石器群は愛鷹山麓における最古級の石器群に位置づけられる。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第206集 『梅ノ木沢遺跡U』 2009

静岡県埋蔵文化財センター