名称  カニが落書きされた硯(すずり)
出土遺跡  仁田館遺跡 (にったやかたいせき)
所在地  田方郡函南町仁田ほか
時代  近世(江戸時代)
法量  全長:12.4cm 幅:5.7cm 厚:1. 3cm 重量196.3g
指定の有無(指定年月日)
概要  粘板岩製の硯で、本高島青石の銘とカニの落書きがある。仁田館跡遺跡の中世〜明治時代にかけての遺物包含層であるU層下半から出土した。
参考文献
(報告書をクリックすると、奈良文化財研究所全国遺跡報告総覧にリンクします)
 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告 第156集 『 来光川遺跡群T』 2005

静岡県埋蔵文化財センター