展示・行事の御案内 

静岡県埋蔵文化財センターが行う展示・講演会や現地説明会などの行事案内をお届けします。

平成30年度 静岡県埋蔵文化財センターイベントカレンダー



静岡県埋蔵文化財センター
サテライト展示

静岡県立中央図書館にて
サテライト展示を行っています。

展示品の入替えをしました!
ぜひ御覧ください。



展示の様子はこちらをクリックして御覧ください。






平成30年度「富士山の日」歴史講演会
静岡の農耕文化の形成
~登呂遺跡形成への道のり~
たくさんの御来場ありがとうございました。
来年度も乞うご期待!


講演要旨
 弥生時代は登呂遺跡に代表されるように稲作農耕の文化と考えられています。しかし弥生時代の静岡において農耕は、いつ、どのように始まり、どのような発展を遂げたのでしょうか。
 今回の講演会では、近年明らかになってきた畑作農耕のあり方も検討して、弥生時代の静岡における農耕文化形成の全容に迫ります。
講師 篠原 和大(しのはら かずひろ) 氏
 静岡大学人文社会科学部教授
 東京大学大学院人文科学研究科考古学専攻修士課程修了(1994年)、静岡大学人文学部講師(1996年~) 同大学准教授を経て2013年より現職
 弥生時代の集落研究を主要テーマとしている。最近は、静岡市丸子遺跡群に着目し、この地域の農耕の成立過程についての研究や、登呂遺跡でコメの栽培実験を行いながら初期の農耕社会の実態に迫る研究を進めている。
 書籍出版物・研究業績に「手越向山遺跡の研究 六一書房 2011年」、「植物資料から見た静岡清水平野における農耕の定着 静岡県考古学研究 (43) 2012年」ほか多数






尾羽廃寺跡(おばねはいじあと)現地説明会

<発掘調査成果>
 庵原郡衙(いはらぐんが)の正倉(しょうそう)とみられる礎石建物(そせきたてもの)や大規模な区画溝(くかくみぞ)が発見され、木簡(もっかん)や土器などの遺物が出土しました。検出された貴重な遺構を間近でご覧いただき、出土遺物や写真パネルの展示も行いました。

尾羽廃寺跡現地説明会の様子はこちらをクリックして御覧ください

尾羽廃寺跡現地説明会資料はこちらをクリックして御覧ください

たくさんの御来場ありがとうございました。






平成30年度ふじのくに考古学セミナー
ふじのくに考古学セミナー

今年もやりました!! ★人気企画★
前期テーマ 『考古資料の見方を学ぶ』   
 第1回  6月16日(土)
終了
 『考古資料の見方を学ぶ①』
 「石器の違い ~縄文・弥生~」
 講師:蔵本俊明 (静岡県埋蔵文化財センター)
 第2回  7月19日(木)
終了
 『考古資料の見方を学ぶ②』
 「瓦を知る ~瓦の種類と使われ方~」
 講師:武田寛生 (静岡県埋蔵文化財センター)
後期テーマ 『イホハラの考古学』   
 第3回 10月18日(木)
終了
「イホハラの古代氏族」  講師:木崎道昭 (静岡県埋蔵文化財センター)
 第4回 12月15日(土)
終了
「庵原周辺の中世城館」  講師:溝口彰啓 (静岡県埋蔵文化財センター)

たくさんの御来場ありがとうございました。
来年度も乞うご期待!







平成30年度考古学技術体験 
考古学技術体験

考古学技術体験日程
募 集  平成30年度考古学技術体験
会 場  静岡県埋蔵文化財センター (静岡市清水区蒲原 5300-5)
開催日  第1回 5月9日(水)終了  木製品保存処理の概要解説、処理前記録の作成、不織布梱包作業など
 第2回 7月11日(水)終了  処理前記録の作成・クリーニング作業など
 第3回 9月12日(水)終了  木製品の安定化処理作業(形状安定化のためのPEG含浸)など
 第4回 12月19日(水)終了  木製品の安定化処理作業(真空凍結乾燥処理)など
 第5回 1月23日(水)終了  修復作業(表面調整、接合、補填・整形作業)、処理後記録の作成作業など

御参加ありがとうございました。