申請書類の書式ダウンロード


出土文化財閲覧・掲載・借受(貸出)申請書の提出について
 以下の点に御留意の上、提出ください。
・申請書を提出する前に電話・FAX・Eメールでお問い合わせください。
・申請書は閲覧・掲載・借受希望日の2週間前までに御提出ください。それ以降に提出された場合、御希望に添えない場合もあることを御承知おきください。

・JPEG型式、1枚当り2MBまでの記録類の画像データにつきましては、Eメールで送付します。これより高画質の画像データの掲載を希望される場合は、記録媒体及び送料の御負担をお願いします。
 保有出土文化財の閲覧・掲載・借受(貸出)に関する申請書類は、右からダウンロードして必要事項を記載し、当センターに送付ください。 閲覧申請書 WORD文書 PDF文書
掲載申請書 WORD文書 PDF文書
借受(貸出)申請書 WORD文書 PDF文書


体験・出前授業の申込みについて
 以下の点に御留意の上、提出ください。
・体験・出前授業とも実施日は火・木曜日です。
・体験授業は予約を随時受け付けますが、出前授業は実施日前月の 10 日から予約を受け付けます。
・ホームページ「体験・出前授業カレンダー」で空き日を御確認の上、申請書を提出する前に電話でお問い合わせください。
・火起こし器、土器セット、石器セット等の体験用具の貸出しを行っています。御相談ください。
 体験・出前授業、体験用具貸出しの申請書類は、右からダウンロードして必要事項を記載し、当センターに送付ください。
(施設見学も同一の申請書です)
体験・出前授業、体験
用具貸出しの申請書
 (施設見学)
EXCEL文書 PDF文書


静岡県埋蔵文化財センターが受託する出土文化財保存処理の手続きについて
 市町から委託される保存処理に係る費用についての照会は、下の書式により文書番号を記載の上、首長名(公印の押印不要)でお願いします。照会時の添付書類は、保存処理単価積算に必要な遺物の寸法、法量等の規格及び数量が明記された保存処理遺物一覧表劣化度判断の資料となる対象物のカラー写真(カラー印刷物)を添付願います。
 費用の照会に対して回答する額は、照会された保存処理遺物リストの数量、法量・劣化程度に基づき、静岡県文化財保存処理標準積算基準書及び単価表から算出される最も一般的な保存処理仕様による額です。しかし、保存処理対象遺物にはそれぞれ固有の特性があり、保存処理仕様もすべて一般的な仕様でよいとは限りません。保存処理仕様に調整が必要と判断される場合には、従来どおり保存処理業務委託の依頼後に費用等の協議を行い、双方が合意した保存処理仕様及び費用を承諾書において提示します。
 御理解を賜りますようお願いいたします。なお、出土品保存処理依頼の流れ(標準例)はこちらで御確認ください。
 静岡県埋蔵文化財センターは他の地方公共団体及びその教育機関等から保存処理等業務を受託します。発生する費用につきましては、右からダウンロードして必要事項を記載し、当センターに照会ください。 保存処理費用照会 WORD文書  
 静岡県埋蔵文化財センターへの保存処理等業務受託の依頼は、右からダウンロードして必要事項を記載し、当センターに提出ください。 保存処理業務委託依頼 WORD文書  

  上記PDF文書を開くにはAdobeリーダーが必要です。
Adobeリーダーをお持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。


お問い合わせ
静岡県埋蔵文化財センター調査課
電話 054−385−5500
FAX 054−385−5506
E-mail maibun_tyosa@pref.shizuoka.lg.jp