川合遺跡(かわいせき)
 川合遺跡は静岡市葵区川合・南沼上他に所在する遺跡です。静岡県立静岡東高等学校の建設に伴う工事の際に木製品が出土したことにより、一帯に遺跡が存在するらしいと考えられていました。昭和59年に静岡市教育委員会が行った静清バイパス建設に伴う予備調査で、弥生時代中期から平安時代にかけての遺物と遺構の存在が明らかになり、昭和59〜63年にかけて財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所により発掘調査が行われました。また県営住宅南沼上団地の建替工事や静岡東高等学校体育館改築に伴う発掘でも多くの遺物・遺構が発見され、県内でも重要な遺跡に位置付けられています。
 遺跡の東側に長尾川、西側に巴川が流れ、北側は南沼上丘陵に接しています。自然堤防上には集落域、後背湿地には水田を設けていたものと考えられます。特に長尾川は急流で天井川でもあり、洪水による砂礫層が遺跡内で見つかっていますが、古代の人々は被害の復旧を行い、そこに住み続けていたようです。また、遺跡から発見された遺物・遺構により奈良時代以降、駿河国安倍郡の中核的な地区であったと考えられています。
 今回展示した遺物は静清バイパス建設に伴う発掘調査での出土品で、弥生時代から古墳時代の「ものづくり」を示すものです。展示を通して拠点集落として発展していた川合遺跡と地区の歴史・文化について御理解いただけるものと思います。


静岡県埋蔵文化財センター