瀬名遺跡は、静岡市葵区瀬名に位置する弥生時代〜中近世の遺跡です。
 国道1号静清バイパス建設に伴う発掘調査では、弥生時代〜中近世の水田や弥生時代の墓などが検出されました。
 水田は、弥生時代から近世までの約2,000年間の変遷が明らかにされており、各時期の時代背景、自然環境に応じた土地利用の様子をうかがい知ることができます。
 弥生時代中期の方形周溝墓群は、発見されることが少ない埋葬施設(木棺と人骨)が検出され、木棺の構造や遺体の埋葬方法を知る上で、貴重な成果となりました。


静岡県埋蔵文化財センター