磐田市西の谷遺跡の銅鐸は、当時の集落から離れた谷の奥で、丘陵斜面の土の中に埋められた状態で発見されました。斜面には等高線に平行する方向の穴が掘られており、銅鐸はこの穴の中に横倒しの状態で埋められていました。
 埋められた銅鐸の内部や穴の中には、斜面の上から流れ込んだ土が入り込み、銅鐸は流れ込んだ土によって下方向に押され、斜めに傾いた状態で出土しています。
 <展示の遺跡> 西の谷遺跡

静岡県埋蔵文化財センター