集落を囲む溝
 環濠(かんごう)とは、集落の周囲に巡らす溝の事で、どのような目的で造られたのか不明な部分もありますが、外敵から集落を守る目的や、集落の仲間意識を高める目的造られたと考えられています。このような環濠を巡らした集落は環濠集落(かんごうしゅうらく)と呼ばれ、弥生時代の特徴的な集落形態の一つです。
 <展示の遺跡> 西通北遺跡