はぎ取りの表面をよく見ると黒いピンを打ってあります。これは礫群に伴って出土した炭粒の位置を示しています。
 礫群が炭粒を伴っていたことから、火を使った施設であったことがうかがえます。
 <展示の遺跡> 高見丘遺跡

静岡県埋蔵文化財センター