<旧石器時代・縄文時代>
 日本列島に人類が住み始めたのは今から約36,000年前、旧石器時代のことです。平均気温が現在よりも約7〜8度低く、寒冷で乾燥した気候の中では、植物の生育状況も悪く、樹木のまばらな森(疎林)が広がっていたと考えられます。
 そのような環境下、当時の人々は、狩りの道具として石で槍を作り、ナウマンゾウやオオツノジカなどの大型獣を追って移動をくり返す生活を送っていました。
  約16,000年前、温暖化が進むと、西日本を中心に照葉樹林が発達します。縄文時代の始まりです。温暖化に伴い、狩りの対象もシカやイノシシなど中型獣に変化するとともに、狩りの道具も槍から弓矢に変化します。
 また、人々は森から得られる植物性の食料に支えられながら定住生活を営み、土器製作も始まりました。最近では、豆や雑穀の栽培をしていたことがわかっています。

 <桜畑上遺跡(さくらばたけうえいせき)
 桜畑上遺跡は、駿東郡長泉町上長窪に所在する旧石器時代から縄文時代を中心とした遺跡です。
 平成11年から平成20年にかけて、新東名及び東駿河湾環状道路建設に伴い発掘調査され、旧石器時代では多くの文化層(時期が異なる遺構・遺物の層)が確認され、時期ごとに異なる石器の違いを知ることができました。
 縄文時代では、草創期、早期、前期、中期、後期を中心とした遺構・遺物が確認され、特に、中期の竪穴住居群は出土品の豊富さとあいまって、当時の生活の様子を知るうえで貴重な資料になりました。
 遺跡が立地する愛鷹山南麓〜東麓は、旧石器時代から縄文時代の遺跡の密集地帯として知られており、発掘調査の成果により当時の人々の生活を知ることができます。

静岡県埋蔵文化財センター