日本列島に人類が住み始めたのは今から約36,000年前、旧石器時代のことです。寒冷で乾燥した気候の中、ナウマンゾウや大型のシカなどを追って、移動をくり返す生活を送っていました。疎林の森での狩猟で用いられたのが石器で作られた槍(尖頭器せんとうき)です。
  約16,000年前、温暖化とこれに伴う海水面上昇によって日本海が生まれると、本州、四国、九州には照葉樹林の森が誕生します。縄文時代の始まりです。弓矢でシカやイノシシなど中型の動物の猟をするとともに、森から得られる植物性の食料に支えられながら人々は定住生活を営み、土器製作も始まりました。最近では、豆や雑穀の栽培が開始されていたことも解っています。

静岡県埋蔵文化財センター